FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)
(2009/11/30)
畝山 智香子

商品詳細を見る


 現代社会を揺るがす「食の安全」問題に対して、専門家がその虚実をやさしい語り口で解明していく本です。

 取り上げられているのは残留農薬、天然信仰、発がん物質、あるいは健康食品の有効性など。テレビをはじめとするメディアで煽り気味に問題視されたり勧められたりするそれらの本当の姿、または現在の知見ではまだ分からない部分まで、目からうろこが落ちる記述が満載されています。

 では消費者はどうすればいいのか。トンデモな「食の安全」本では天然食品やマクロビオティックなどがその結論になるわけですが、本書では当たり前に小学校レベルで教えられることが最終的に推奨されます。本書の記述はその結論に対して非常に説得的です。

 農薬の残留検査の記述など、数字が乱れ飛ぶ部分はちょっと難しいかもしれませんが、全ての食べる人にお薦めしたい一冊です。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://funkfarm.blog98.fc2.com/tb.php/93-64ae34a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。